それでも仲間に恵まれて…

野球肘の息子…今大会もちろん出場出来ず、チームはピッチャーで4番の息子を除いた戦力で戦わなければなりませんでした。それでもにわかピッチャー2人で継投し、フォアボールを選んで出塁し、細かく盗塁し、何とか2点を入れるも力及ばす、負け試合となってしまいました。

試合後、閉会式に向かう彼ら…
出場出来なかった息子に、キャッチャーの彼はどんな言葉をかけたんでしょう…
d0124543_3541967.jpg


また、他チームのピッチャー達からも心配され、声をかけられていました。
d0124543_3542080.jpg


自分のため、チームのため、そして、対戦相手のためにも早く治そうね!
改めていい仲間に恵まれてるなぁと感じた次第です。
[PR]

by mtoju | 2013-07-23 03:38 | その他  

<< ピューロランド&日原鍾乳洞 泣き虫ピッチャー負傷… >>