白い巨象

飯能河原を見下ろす場所に位置する観音寺。ここに白い巨象が鎮座しております。
車では何度となく、前を通ってますが、その度に「何故、寺に巨象が!?」これはもしや仏門をめぐる象と人間の壮大なスペクタクルドラマが!?・・と気になって仕方がありませんでした。
d0124543_18413481.jpg

先日息子とサイクリングして、初めて境内に入りました。ドキドキしながら巨象に近づくと・・・何も書いてありません。ただ巨象が鎮座する鐘つき堂からは飯能河原が一望できるベストポジションということがわかりました。が、それ以外何もわからず余計謎は深まるばかり。

しょうがない、ネットで調べてみよ。
「昭和30年代、市制10周年を祝し商店街でパレードをした際に、地元和菓子屋のご主人が制作したもので、あまりの立派さに一回きりの出番ではもったいないと、戦争中の鐘の供出で空になっていたこの場所に安置されることになりました。」…だそうで。

『白い巨塔』と一文字違いですが、何ら関係はございませんでした。わかってましたが。また、宗教的な意味合いも全然ありませんでしたね。しかし、長生きな巨象さんですね。
d0124543_18413547.jpg

[PR]

by mtoju | 2011-11-05 17:22 | プチ田舎  

<< 名球会メモリアルカップに出て… 鳥ブームここまで… >>