狭山茶に想う

自宅から会社に向かう途中、「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」の狭山茶畑の中を通ります。
今、その狭山茶が若芽、早摘が放射性セシウムの残留で話題になっています。

先週、ちょっとお付き合いのある狭山茶の生産販売しているお店にここのところの様子伺いに顔を出してきました。
少なからず影響はあるとの事。客足はやはり鈍い。また公的な検査は時間がかかるので、独自に自社の茶葉を検査に出しているそう。そこで安全性が確認出来たとしても、どう顧客に訴えていこうか…など課題があるようです。

わずかな援助にしかなりませんが、近所と自宅用にいくつか買って帰りました。
もちろん福島の事は遠くの関係のない事とは思っていませんが、こんなにも身近に被害を被っている方がいると、微力ながらも
支援を続けていかなければ、と改めて思いました。
義援金って本当に被災者に届いてるのかなぁと募金箱を見る度思う今日この頃。
d0124543_214518.jpg

[PR]

by mtoju | 2011-09-21 20:26 | その他  

<< 日本一の曼珠沙華、巾着田なう。 合宿2日目 >>